共済制度

商工会の主な共済制度

商工貯蓄共済

商工貯蓄共済貯蓄と保障と融資がワンパックになった会員のための商工会独自の共済制度。山梨県だけでも5万口を超える加入があり、1,000件以上の融資が実行中です。

貯蓄 掛金は一口月額2,000円。年1回保険料と手数料を差し引いた残りが貯蓄され、満期の10年後に返戻されます。
保障 万が一に備えて生命保険と交通傷害保険がセット。交通事故による死亡の場合は両方の保障受けられます。
融資 加入後6カ月間遅滞なく掛金を納めると、一口あたり運転で100万円、設備で200万円の融資の斡旋が受けられます(金融機関・保証協会の審査があります。融資限度額は1企業最高2,000万円まで)。このほか、生活資金の融資もあります。

かいじ共済

幅広い保障と安い掛け金で、経営者だけでなく、従業員の福利厚生制度としても活用されています。昭和町商工会でも約20%の会員が加入しています。

掛金 掛金は月額400円のFから4,000円のAまで400円ごとの6タイプ。安い掛け金で加入できます。
保障 万が一に備えて死亡給付(Fの場合災害で120万円、病気で60万円)や障害・入院給付のほかに、災害通院や病気入院の見舞金、結婚や出産の祝金制度もあります。

特定退職金共済

従業員の退職金の備えは経営者の責任。人手不足が深刻になる前に準備し、従業員の定着対策として企業の規模に応じて安い掛金から始められる山梨県の商工会独自の制度です。

掛金

掛金は月額3,000円から。他の制度に比べて安く始められます。もちろん掛金は全額経費になります。

給付 退職金の管理や給付は商工会にお任せ。面倒な事務はありません。

小規模企業共済

国が運営する安心・確実な経営者のための退職金制度。掛金は全額所得控除で税制上も大きなメリットがあります。

加入資格 加入できるのは、常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の個人事業主または会社の役員です。
掛金

掛金は月額1,000円から70,000円までの範囲で(500円刻みに)自由に選べ、途中で増額、減額ができます。また、税法上、全額所得控除できます。

給付 給付には、その事由により、次の種類があります。
  1. 共済金A…個人事業主は廃業や死亡のとき、法人役員は会社が解散したときに支払われます。
  2. 共済金B…個人事業主は65歳以上で15年以上掛金を収め、老齢給付として受け取ります。法人の役員は疾病・負傷・死亡などで会社の役員を辞めたときに支払われます。
  3. 準共済金・解約手当金…後継者への事業譲渡、役員を任意で辞めたとき、任意解約などの場合は、準共済金や解約手当金が支払われます。

全国商工会会員福祉共済

手軽な掛金で大きな保障を実現した商工会独自の傷害共済制度。傷害補償に加えて疾病入院見舞金も追加され、会員とその家族、従業員なら80歳まで(継続の場合は85歳まで)加入できます。

掛金 掛金月額2,000円のAタイプ(交通事故死亡共済金1,000万円)とBタイプ(同700万円)に加え、掛金が1,000円のCタイプ(同400万円)の3タイプ(CタイプはA、Bどちらかへの既加入が条件)。
保障 死亡共済金のほかに、手術、入院、通院の共済金が最高100日間支払われます。また、病気で入院した場合には、疾病入院見舞金が支払われます。万が一に備えて死亡給付(Fの場合災害で120万円、病気で60万円)や障害・入院給付のほかに、災害通院や病気入院の見舞金、結婚や出産の祝金制度もあります。